税理士などの法律プロに要相談!トラブル解決専門家

女性

プロに手続きを任せる

税理士を利用すれば期限までに納税を済ませてもらうことができます

男女

どの手続きもなるべく早く済ませてしまうのが望ましいですが、期限が設けられている手続きについては、その期限を守らないとペナルティを課せられてしまうことになります。一般的には、被相続人の死亡から10ヶ月以内に納税手続きを済ませなくてはならないことになっていますので、悠長に構えている暇はありません。しかし、期限ギリギリまで遺産分割協議がまとまらないようなことがしばしばあります。そのような場合には、税理士に相続税の納税手続きを頼んでしまうのが一番です。税金の専門家である税理士に依頼すれば、期限までに相続税の納税手続きを済ませてもらえる可能性が高くなります。

生前に相続税対策を講じておくことができます

最近、相続税法の大改正が実施されました。今回の改正によって、これまでであれば税金を支払う必要がなかったような人たちも、今後は税金を負担することになる可能性が高くなりました。幅広い層から税金を徴収することを目的とした改正であるため、慌てふためいている人がたくさんいます。たとえば都内に一戸建て住宅を持っている人が亡くなった場合、相続人が相続税を負担することになる可能性が従前よりも高くなりました。期限までに税金の支払いにあてる現金を用意することができなかった場合には住む家を手放す必要に迫られてしまうおそれが出てきます。しかし、生前に税理士に相談しておけば、適切な相続税対策を講じておくことができます。また、具体的な節税方法なども教えてもらうことができるため、多くの人が税理士に生前相談するようになりました。