税理士などの法律プロに要相談!トラブル解決専門家

女性

相続にはお金がつきもの

控除額計算方法の変更について

女性

相続税は以前はよほどの資産家でない限り関係のないものでしたが、今年度より相続税を計算する際に総資産から控除される基礎控除額の割合が下がったため今後多くの人が直面することをさけられないものとなってきました。基礎控除額は去年度までは5千万円に加えて500万円と相続人数をかけた分で計算させていましたが、今年度より3千万円に加えて500万円と相続人数をかけた分で計算されることになり単純に2千万円分控除額が減った形となっています。なので相続される財産が減ることとなり、加えて税務署へ正しい相続税額を納める必要があります。普段生活している時には相続税の計算など全く関係ないものなので、正しい計算をすることは難しいものがあります。

正しく相続税を納めるために

特に個人が加入している保険は、保険には様々な種類があるため相続税の対象となるものかどうかといった判断は難しいですし、税金とは別に家や土地などの不動産を相続する時にはどのような手続きが必要なのかといったこともわかりません。税金についてはプロである税理士に相談するのが良いです。故人より相続される全資産を見せて相談すれば税の対象となる保険はどれなのか、また各相続人の納める必要のある相続税の計算も行ってもらえます。また不動産については司法書士に相談することが良い方法で、相続による登記変更を行ってもらえます。適切な相続・納税を行わなければ1年後以降に、相続のことを忘れたころに税務署より追加の納税を通達されることになります。