税理士などの法律プロに要相談!トラブル解決専門家

裁判

プロに手続きを任せる

男女

人が亡くなると、様々な手続きを取る必要に迫られます。そのような手続きの代表格とも言えるのが、遺産相続に伴う相続税の納税手続きです。手続きにおける問題は税理士等のプロに相談するのが良いでしょう。

詳細を読む

相続にはお金がつきもの

女性

遺産相続等はお金にまつわるトラブルが多いと言われています。相続した資産にかかる相続税もそうですが、誰が何を相続するかで揉めることも多くあります。トラブルを避ける為にも相続は税理士に相談するのが良いでしょう。

詳細を読む

税理士に相談して解決

男女

税理士の相続相談サービスを利用したいと考えているのであれば、自分でインターネットを使って税理士探しをするようにした方がよいです。知り合いに紹介してもらうと、たとえその税理士が気に入らなくても断れなくなってしまう可能性があります。

詳細を読む

金融にまつわる相談

出会いがあれば別れもあります。離婚を弁護士に相談して、難しい慰謝料請求も成功させませんか?気になる相談費をここでチェックしましょう。

B型肝炎は弁護士に相談したほうが良いですよ。電話やメールで気軽に相談することができますよ。全国各地に事務所があるから依頼しやすい!

ファイナンシャルプランナーに相談できることできないこと

裁判

ファイナンシャルプランナーに相談できることとできない場合があります。 ファイナンシャルプランナーというのは、名称は独占できる資格なのですが、業務自体に専売のものはないのです。税務関係はできないですし、投資に対するアドバイスもできないのです。あくまで一般論としての意見はできるのですが、具体的なことはいえないのです。 では、ファイナンシャルプランナーには何を相談するのか、といいますとそれはライフプランです。ファイナンシャルプランナーというのはね金融の知識があり、そして、それを生かして相談してきた人の人生計画に関するアドバイスをするのです。 それが主な相談内容になります。ちなみに当然ですが、相談料は必要ですから、事前に聞くことです。

ファイナンシャルプランナーに相談できること

ファイナンシャルプランナーというの職業の需要が高まっています。税理士のようなことはできませんし、弁護士のような法務相談ができるわけではないのですが、それでも需要があるのです。 ファイナンシャルプランナーはライフプランを設計することを手伝ってくれるのです。ですから、今後、高齢化が進むにつれて、こうした職業の需要は更に高くなると予想されているのです。 相談件数が増えているのは間違いなく、これからファイナンシャルプランナーの仕事は増加するのです。 相談をするのは、老後の計画であったり、三十代からのライフプランであったりもします。そのあたりは人次第であるといえます。ファイナンシャルプランナーには相談できないこともありますから、それは注意するべきです。